FC2ブログ
石亭ファンの方、これから石亭に行ってみようという方、集まってくださーい。 石亭がもっと身近になる!男子スタッフがお送りする「石亭の日々」うけねらい?でお送りします。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
初めまして。
今度、新しく入りました太郎と言います
この仕事は初めてですが頑張って仕事して行きたいと思います
宜しくお願いします
page top
ごちそうさまでした!
ほんじつは、なぜかN氏にお弁当をご馳走になりました・・ありがとうございまっす!(金は天下の回り物なんていいますよね)回るといいですね!!
page top
ガンバレ!香川
みなさん、おはようございます。マンUのモーイズ監督が
成績不振を理由に解任されましたね~後任にはキグス選手が選手兼任で就任しました。香川選手の出場機会が増えて活躍出来ることをお祈りします。
page top
ガリガリくん
ガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味」を 全国のセブン-イレブンにて発売する。


「セブンプレミアム」と「ガリガリ君」の、 史上初の共同開発商品。

セブン-イレブンの人気スイーツ「ミルクたっぷりとろりんシュー」の味を再現した「ガリガリ君」となる。

パッケージは全3種で、価格は各149円。

なお、スティックに当たりが出たら、セブン-イレブンで販売中の「ミルクたっぷりとろりんシュー」(108円)を1個プレゼントという特典付きとなる。

いろんな味があります。

最近はナポリタン味が出ました
page top
花の慶次
先日、花の慶次を打ちました!
耳に残る名曲が流れ出しました
それ~それそれ漢~それそれ~それよっしゃ~!!!
みごと単発終了。
皆様も心に残る名曲などございますか?
page top
大企業の社名の由来
大企業
日本には、世界的にも名が知られているような大企業がたくさんありますよね。
それらの社名には、当然何らかの由来や意味があるはず。
今回は、つい誰かに話したくなるような「有名企業の社名の由来」について


カルビー→カルシウムの「カル」とビタミンB1の「ビー」を合わせた造語 

花王→「顔石けん」の「顔(カオ。アルファベットで書くと”KAO”)」をもじったもの 

キヤノン→観音菩薩の慈悲にあやかりたいという気持ちから名付けた自社製品小型カメラ「KWANON(カンノン)」から 

シヤチハタ→名古屋城の金のシャチホコと旗に由来 

ライオン→「ライオンなら牙も丈夫だし歯磨きの商標としてうってつけではないか」ということで商標登録した

意外な名前の由来です 

page top
強い!!
桜花賞でのハープスターは強かったですね~改めて強さを見せ付けられました。最後方からの大外一気ごぼう抜きですから見ているほうも気持ちがいいですね~あまりの強さに感動すら覚えます。次はオークスですが、ダービーでもいけるんじゃないかと思った人も多いでしょう。
page top
ねーぎとろまきまき・・
かーいわれまきまき・・っとどの世界でもお話がながーい人っていますね!あと同じことを何度も何度もこいつアルツ
はいってんの?みたいな・・一般的に「仕事が出来ないやつは話も長い」と言われてますが、やはりそのとうりだとおもいます、まあ かーいわれまきまき・・ねーぎとろまきまき・・まいてまいて!
page top
坂上二郎
こないだ久々にテレビで二郎さんをみました。
飛びます!飛びます!
懐かしさをかんじました
あまり意味の無い話題ですいません。
知り合いの人の話ですが
昔、GOGOダンスのプロの方が身近にいて
ビックリしました。
意外な人って皆さんも意外に身近にいるかも知れませんね!
意味の無い話ばかりですいません。
でなおします。
page top
今年も海賊
「2014年本屋大賞」結果発表!
全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 

2014年本屋大賞に、『村上海賊の娘』和田竜が決まりました。


すべての順位はつぎの通りです。

2014年本屋大賞の受賞作発表 順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『村上海賊の娘』
和田竜(著)
新潮社 366.5点

2位 『昨夜のカレー、明日のパン』
木皿泉(著)
河出書房新社 332.0点

3位 『島はぼくらと』
辻村深月(著)
講談社 299.0点

4位 『さようなら、オレンジ』
岩城けい(著)
筑摩書房 274.5点

5位 『とっぴんぱらりの風太郎』
万城目学(著)
文藝春秋 267.5点

6位 『教場』
長岡弘樹(著)
小学館 243.0点

7位 『ランチのアッコちゃん』
柚木麻子(著)
双葉社 221.0点

8位 『想像ラジオ』
いとうせいこう(著)
河出書房新社 213.5点

9位 『聖なる怠け者の冒険』
森見登美彦(著)
朝日新聞出版
156.0点

10位 『去年の冬、きみと別れ』
中村文則(著)
幻冬舎 136.0点

1,2位の本は読んでみたいです
page top
さて・・・
さて、いかがお過ごしでしょう? 立ち食いステーキ・・・西川口にできるかなあ?できねーよなあー
page top
関西出身

関西の人が上京すると、さまざまな文化や言葉の違いに遭遇します
上京して驚いたことのうち厳選して紹介します。

【マナー編】
1.電車の中がとても静か

2.電車の列がきっちりしている

3.コンビニの店員さんなどにあまり「ありがとう」と言わない



【食文化編】

4.一家に一台たこ焼き器がない


5.お好み焼きをご飯と一緒に食べない

【方言編】

6.相手のことを「自分」と言うと嫌われる


7.「アホ」と言うとヘビーに受け取られる

8.「賢い≒ありがとう」など関西弁と標準語で意味が違う単語がある

【関西では常識編】

9.関西人の心のオアシス、ナガシマスパーランドやピレネーを誰も知らない

関西出身の独り言です

page top
32年間お疲れさまでした!
みなさんおはようございます。とうとう笑っていいともが32間の歴史に幕を閉じましたね
司会のタモリは昼の時間、32年間毎日スタジオアルタに通っていたんですね~お疲れ様でした。
© 石亭 秘密の部屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。