FC2ブログ
石亭ファンの方、これから石亭に行ってみようという方、集まってくださーい。 石亭がもっと身近になる!男子スタッフがお送りする「石亭の日々」うけねらい?でお送りします。
page top
平成生まれの直木賞作家誕生。前回に続く2度目のノミネートで見事に受賞を果たした。

芥川賞は75歳です。
 筆歴はじつに70年。4歳のときに結核で母を亡くし自身も自宅療養を強いられ自然と読書に没頭した。はじめて物語を書き上げたのは5歳のときだった。中学の国語教師や校正者を務めながら10年で1作を書き上げる地道な研鑚(けんさん)が昨年の早稲田文学新人賞受賞でようやく実を結んだ。

 終戦を迎えたのは8歳のとき。旧かなづかいを学んだ世代だ。「言葉は本当によく変わる。『元へ、元へ』とたどって、あらゆる制約を取り除くことで普遍的な言葉に出合える」。受賞作の自由なスタイルはそんな思いの実践でもある。

 選考前、「とにかく自作を一冊でも本にしたい」と話していた。受賞作を収めた人生初の単行本に「芥川賞」という願ってもない肩書がつくことになった。暇を見つけては立ち見席に足を運ぶ歌舞伎ファン。東京都内で一人暮らし。
共に関心ありです。
呼んでみます。
© 石亭 秘密の部屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG